2022年04月26日

復活

がらにもなく1月に沢山書いたので、2月・3月はなんとなくお休みしてしまいました。4月になり雪が消えて庭の植物もいろいろ変化が出てきました。高田の桜とブルーインパルスもなかなかでしたが、個人的には2年前の大雪で根元から折れてしまった蝋梅の木に起きた変化が感動的でした。
破折.jpg
2年前の大雪はひどく、自宅もそうでしたが、診療所の庭の木も大きな被害を受けました。上の写真は雪が溶けてきた時に撮影したもので、正面の椿の奥、右上に蝋梅が根元から折れて横たわっていました。雪が消えてから破折部を切断し根っこだけは抜かずに放置していました。今年、根だけになっていた蝋梅の木に、驚くべき変化が確認できました。
復活.jpg
根しかなかった蝋梅の木の横から新たな幹・枝が出現し青々とした葉をつけ、まさに復活・再生といった感じです。植物の生命力に感動し、人もかくありたいとしみじみ感じました。
posted by ニレイ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月20日

QDT 1・2月号

コロナ禍で時間があったので、原稿依頼を受けて、久しぶりに原稿を書きました。 QDT 1・2月号に前後編で掲載されます。よかったらみてください。いろいろご指導・ご助言をいただければ幸いです。

12161348_61bac50b80059.jpg


リレー連載 補綴設計『今ならこうする』
─変わりゆく材料・コンセプト・ニーズの中で、各時点での「最善」を考える─
第1回 すれ違い傾向の残存歯偏在症例に対する補綴設計(前編)
posted by ニレイ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

水漏れ?

今週の月曜日、出勤前にスタッフから玄関に雨漏りのような水漏れがあるとの連絡が入り、急いで診療所に向かいました。確かに水漏れしていて、休日の暖房などがない間に配管などが凍結で破損したかと考え、当該場所の二階に上がってみると、屋上がプールのようになっていて、その水が壁の接合部から侵入しているようでした。なぜ水がこんなに溜まったのか、長靴を履いてプールのような屋上を調べてみると、排水溝の蓋の中に落ち葉のようなものが絡みつき排水できない状況であることがわかりました。屋上は今回の改装で防水加工をしてもらったのですが、排水溝の件は説明を受けていなかったのでちょっとパニックでした。蓋を外した途端ゴーという音とともに排水が始まり、水位が下がり始めました。だいぶ水位が下がってからこの衝撃的な状況を写真にと思い撮影したのですが、すでに水たまり程度になった写真しか撮影できませんでした。何事もチャンスを逃さず記録にとどめることは難しいと感じました。
DSC_1021.JPG
この後、漏電の検査に電気屋さんが、断念剤の浸水具合を大工さんが、壁紙の状態を内装屋さんが調べて、最悪壁を剥いで工事になるかもとのことでした。新年から良い厄落としができたと思いたいです。
posted by ニレイ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月05日

あけましておめでとうございます

神棚.jpg
あけましておめでとうございます。今年の最初の写真は歯科医院の方の神棚を掲載してみました。年末年始は何かと忙しく過ごしていたような気がしましたが、気持ちだけが追い立てられていただけで、思い返せば大したこともしていませんでした。テレビでは初詣のニュースが、コロナを忘れたかのような人流を映していました。第6波が拡大しないことを祈るばかりです。
初詣.jpg
当方の初詣はこんな感じで、人に会うこともなく、十分なソーシャルディスタンスを保つことができました。神様もお願いを聞き届けて、くださりやすいのではないかと感じています。今年の新潟の冬は、昨年に比べ雪も少なく過ごしやすい状況です。ただ気温は低く立派な氷柱が育っています。
氷麗.jpg
posted by ニレイ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月30日

11月をふりかえって

11月をふりかえってみると、火曜会65周年講演会と母の7回忌、そして妻の車がかわったことが大きな出来事でした。火曜会65周年講演会が延期になり母の7回忌と同じ日になってしまい、どうしようかと考えていたところ、リモートでも配信してもらえることになり無事に講演を拝聴することができました。自分が歯科医師としての時間軸の中で、どのあたりにいるのか、あと何年現役で仕事ができるのか、何を考えて伝えていかなければいけないのかなど、いつもの勉強会と少し違った角度から考えさせられる素晴らしい会でした。母の7回忌も天候に恵まれ予定通り行うことができました。庭や母屋の掃除も頑張りました。

      DSC_0918.JPG   DSC_0926.JPG 1636773559320.jpg

妻の車を変えることになった大きな要因は昨年の大雪でした。
オデッセイ2.jpg
妻の愛車、オデッセイはFFで今までは雪道も無事にこなしてきましたが、昨年スタックして半日カメ状態を改善できずに多くの方にご迷惑をかけたことがありました。今年もラニーニャ現象が確認されているとのことで、昨年のようなことがないように 4WDの少し車高の高いもの換えることにしました。しかし、コロナの影響で半導体や部品の不足から納車が3け月ほど遅れて、ようやく今月末に届きました。
クロスたー2.jpg
少し小さくなりましたが、取り回しも楽で、これで冬も無事に過ごせそうです。今年もあと少しコロナに気をつけて頑張っていきたいと思います。




posted by ニレイ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月27日

ユニフォーム一新

三年ぶりにスタッフのユニフォームを一新しました。それを記念して医院の前で記念写真を撮影しました。気持ちを新たにまた頑張りたいと思います。私は今日カメラマンでした。
集合写真.JPG
眩しい日差しのの中、そのカメラマンの力量を補うように、スタッフの皆が笑顔を向けてくれました。ありがとう。
続きを読む
posted by ニレイ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月29日

アブフラクション?

2016.jpg

ちょっと珍しいFMCの傷を見つけました。写真は2019のものです。おそらく歯ブラシの影響ではないかと考えています。少しまえに WSD の原因がアブフラクションではないのではという文献をみました。この写真の現象もアブフラクションが原因とは考えにくいと考えています。

2019正面.jpg

本症例の正面観と10枚法も添付します。ガイドに少し問題があると思われますが、ここまでの変化が咬合関係からとは思えません。

0000003951_内藤 孝子_OtherImage_20190902093259.jpg

2013年頃の右側方面観の写真も添付します。この現象の原因に心当たりがある方、わかる方教えてください。
2016右.jpg
posted by ニレイ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月25日

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ暑い日が続いています。コロナも収まる気配がありません。今年の夏はどこにも行けませんでしたのでかつての写真から、少しでも涼をとれるようなものを掲載します。
黒部ダム.jpg
黒部ダムの観光放水です。この程度の写真ではその豪快さは表現しきれません。毎秒10トン以上の水が放水されるそうです。当然水力発電もされていて、その発電量も日本一かと思っていました。しかし
出力ダム.jpg
なんと4位でした。日本一は我が新潟県と福島県境にある奥只見ダムでした。今年の春に行った奥只見ダムの写真も掲載します。
奥只見ダム.jpg
ダム湖.jpg

遊覧船や電気館などありますが、奥只見ダムには観光放水はありません。黒部の豪快な放水とは比べるべきもありませんが、奥只見レイクハウスで見つけた逸品を紹介します。
ダムカレー.jpg
ダムカレーです。真ん中のウインナーを抜くと放水が楽しめます。興味のある方はコロナが落ち着いたら出かけてみてはいかがでしょうか。
posted by ニレイ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月24日

ND例会発表



 初診・形成.jpg
7月21日に NDの会の例会で前歯部補綴の発表をしました。このスライドの患者さんは右上1補綴物色調の不調和を主訴に来院されました。補綴物除去後、歯内療法、歯根漂白、ファイバーポスト築造、概形成、TEK調整、印象採得後 emaxにて補綴した症例です。
完成右1.jpg
技工士さんの高い技術のおかげで患者さんの主訴も無事改善されました。自然観の再現には、このようなステップを踏む方法が、今のところ、最も有効ではないかと考えています。
初診.jpg
本題はこのスライドの症例です。初診は2002.9・前歯部左上1の色調を主訴に来院された患者さんの正面観の写真です。当時42歳の女性でした。
補綴物完成.jpg
初期治療を経て、歯冠部離開が改善したのちに左上1の補綴物を除去し現在と同様の手法で補綴物を完成させました。写真は2003.11です。
補綴後18年.jpg

それから18年後の2020.8の正面観です。補綴した左上1切端が短く見えるようになりました。この現象についての考察を今回の例会では発表させていただきました。詳細は割愛しますが補綴はやはりむずかしいです。
posted by ニレイ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月29日

開業30周年

6月12日で開業30周年・移転1周年を迎えることができました。これも皆様のお引き立てのおかげと感謝しています。コロナ渦中、皆でお祝いをすることもできない状況だったため、記念のどら焼きを作成しスタッフ及び近隣の方々にお配りさせていただきました。
どら焼き.jpg
また。スタッフからは素敵なプレゼントをいただきました。感謝の気持ちを忘れずにこれからも、地域の歯科医療に貢献できればと思いを新たにしました。そんな思いから難治性の歯周炎やインプラント周囲炎の治療に必要と考えていたEr-YAGレーザーを導入しました。今まではCO2レーザーのみを使用してきましたが、これで対応出来る病態が増えると考えています。
DSC_0826.JPG
また、TEKや義歯の修理の際にレジンの削片が飛び散らないように、削片の集塵機をもう一台導入しました。
DSC_0828.JPG

まずはもう10年を目標に精進したいと思います。目指せ生涯現役!
posted by ニレイ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記