2022年07月27日

越後三十三観音巡礼その3

先月6月16日に3回目の霊場巡りを行いました。この日は刈羽村の第五札所から柏崎市の第八札所までお参りさせていただきました。第五札所は宝蔵寺です。
■ご縁起
 本尊十一面観世音は、弘法大師御作といわれ、上杉謙信公も深く信仰しておられた。川中島の戦の頃、謙信公は「若し戦に勝利を得れば、御供料を寄進し、長く子孫に言い伝え、信奉さすべし」と観世音に誓った。勝利を得た謙信公は、その誓い通りに、寺領八十石余りを寄進した。その後、上杉景勝が米沢へ国替の時、当寺も同道することになって観世音を舟に乗せたところ、いっこうに舟が動かず、よって元の所に安置した。このことから山号は、普光を不退山と改めた。
DSC_1122.JPG

第六番札所はやはり刈羽村にある常楽寺です。ご縁起は以下のようになります。
■ご縁起
 天平8年行基菩薩、諸国修行の折、森々としたここの霊窟を仏法応化の地であるとして暫く留錫された。毎夜北方に不思議な光りあり、見ると四尺四方の井戸があり、行基菩薩が錫杖をもって井戸の中をさらってみると三尺余りの霊木であった。御仏の与えられた物と思い、みずから彫刻して正観世音を安置し、一宇を建立した。幾多の興亡盛衰を経て今日は無住職になっている。
DSC_1124.JPG

第七番札所は柏崎市藤橋にある摩尼珠院です。道路のすぐそばで驚きました。

■ご縁起
 聖武天皇の頃、およそ一千二百有余年前1人の六部が摩尼珠院を訪れ、「これは越後藤橋の観世音である。」といって、1体の聖観世音を置くと、いづことも無く立ち去って行った。それ以来、この村に良い事が続くので偏えに観世音のお陰であると思い、道端に御堂を建て、観世音を安置したところ、あまりにもあらたか故に、馬に乗った武士が、この御堂の前を通ると落馬して怪我をすることが度々起った。それで今度は、近くの閑静な山の中腹に御堂を建てて安置したら、それからはまた、村に平和が訪れたという。また、平成17年、御堂の老朽化と地震により、寺院内に移し、安置しました。

DSC_1125.JPG

第八番札所は柏崎市宮之窪にある不動院です。こちらはあまり看板などなくちょっとわかりにくい場所にありました。

■ご縁起
 大同2年、空咢上人の開創で、その頃は、大木茂り鷲が多く棲んでいたので、鷲尾山といい、不動仙示現の地であるところから不動院という。本尊千手観世音は、延文3年、仏師弘円上人の作と伝えられ、桂材で彫刻された御丈五尺の尊像である。昔は、堂塔伽藍8棟が建立され、上杉謙信公の祈願所として栄えたが、天正6年の兵火で伽藍、宝物など一切を焼失した。本尊観世音は、その時谷底へ投げ落され、あやうく難を逃がれた。昔栄えた寺の跡は、今でも山上に残って往時が偲ばれる。


DSC_1129.JPG
今回の巡拝では、本当に誰にも会うことはありませんでした。お寺の方にもお会いすることもありませんでした。コロナのこの時期にはぴったりと感じましたが、本当にこのような文化的建造物の維持の大変さが随所に垣間見られました。また歴史の中では火災によって焼失することが多いことにも驚きました。現代では人に会うこともないのに・・・
posted by ニレイ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月28日

越後三十三観音巡礼その4

先月6月26日に4回目の霊場巡りを行いました。第九番札所は広済寺です。柏崎市高柳にあります。近くに「じょんのび村」があります。
 ■ご縁起
黒姫山の如意輪観世音は、霊験あらたかで、機織の熟達を願って、子女が盛に参詣したという。明治維新の神仏分離の頃、山上の観世音は何者かによって谷底へ落とされてしまった。村人は、谷川より漸く観世音を見つけたが、破損した部分がなかなか見つからなかった。そこへ旅の僧が通りかかり、破損した部分を次々と見つけると姿が見えなくなってしまった。人々は、その僧を観世音の化身ではないかと語り伝えている。広済寺は、天正年間に、佐橋朝広によって開創され本尊は如意輪観世音であり、後に別当となった。
DSC_1136.JPG

DSC_1139.JPG
第十番札所は長徳寺です。十日町市朝栄にありご本尊は千手観世音菩薩さまです。こちらは阿吽像のある入り口から、とても立派で今まで巡拝した中でも随一の佇まいでした。
DSC_1145.JPG
参道も素晴らしく整備されていて、多くの方々に厚く支持されていることが随所に垣間見られました。また戦争時の外国の方の労働者を慰霊する場所も裏手にあり、土木関係からもきっと多くの支持を得ていると思われました。

■ご縁起
延暦20年(801)征夷大将軍坂上田村磨の開創で、僧延鎮作と伝えられる御丈四尺二寸の千手観音は、京都清水寺の観世音と同木といわれている。田村磨は、奥州に勢力を持つ高丸という逆賊を退治して帰京するおり、この地に休息をし、再び出発しようとすると、不思議にも観世音は盤石のごとく動かなかった。
田村磨将軍は、ここに一宇を建て、観世音を奉安し、家来の伊勢ノ平氏、友重等を守り役として残し、帰京した。その名残りで、この周辺の地名は伊勢平治、友重となったと伝えられている。



DSC_1146.JPG
第十一番札所は大福寺です。こちらは南魚沼市長崎にあります。ご本尊は聖観世音菩薩さまです。こちらにはとても大きなイチョウの木がありました。思わず対比の写真を撮影しました。
DSC_1154.JPG DSC_1155.JPG
 ■ご縁起
本寺は聖徳太子の開基にして、開祖は玄珍法印なりとか。弘法大師越後国巡化の折、薬師仏及び十二神将を金精山の巌窟に安置し大福寺の奥院と称した。なお観音様は三十苅という所にあって三十苅の観音様として深く言仰されたが、明治に入って現在地に移された。寺も観音堂も一切の記録を焼失しており詳しく知ることが出来ない。本尊聖観世音菩薩は弘法大師御作と伝承されている。

続きを読む
posted by ニレイ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

越後三十三観音巡礼その4 後半

越後三十三観音巡礼その4 後半
DSC_1156.JPG

DSC_1160.JPG

DSC_1162.JPG

DSC_1165.JPG

DSC_1168.JPG

DSC_1173.JPG
posted by ニレイ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記