2023年01月08日

越後三十三観音巡礼 完結その3

いよいよ最後となりました。第33番札所は最明寺です。所在地は三条市院内193 ご本尊は千手観世音菩薩様です。

DSC_1359.JPG

DSC_1358.JPG

世界平和やコロナの終結を願って初めた巡礼でしたが、なんとか無事に終えることができよかったです。今年願いが叶うことを期待しています。

DSC_1362.JPG

■ご縁起

 天平年間の開基で法相宗の深じん諦たい法師が行基菩薩御作の千手観世音を安置して開創した寺である。七百年前の康元年中、北条時頼諸国行脚の砌、当寺に立ち寄った因縁に依り、寺号を許され千手院を最明寺と改め、真言宗に改宗した。正保2年に寺が全焼し、古い記録が焼失したのは残念であるが千手観音像(御丈三尺七寸)は難を免れて現在に至っている。仁王門は明治3年建造、本堂と観音堂は明治27年の火災後建立されたものである。延宝4年に京都智積院の末寺となり、真言宗智山派に属している。


posted by ニレイ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

越後三十三観音巡礼完結その2

長く続けてきた越後巡礼シリーズもこれで最後となります。
第32番札所は宝塔院です。所在地は三条市東裏館一丁目6−5 ご本尊は聖観世音菩薩様です。
DSC_1353.JPG

DSC_1354.JPG

■ご縁起
 貞観元年(859)性鑁法師により開創された。城主、三条定明公の祈願所として栄え、奥方千坂姫の菩提寺である。定明公はここに守護持仏を奉安し、公没後その霊と一子の菩提の為、姫は観世音を念じ生涯をここでおわられた。千坂姫の戒名は宝塔院殿普門妙泉大禅尼である。本堂左側、千坂姫宝篋印塔、一子を祀つる千坂地蔵尊、三条地震亡霊塔(市文化財)は本尊と共に参拝者はあとを絶たない。8月10日は三条3大まつりの1つで子安観音祭は多くの市民が参詣する。



posted by ニレイ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

越後三十三観音巡礼完結その1

第30番札所は普談寺です。所在地は新潟市秋葉区朝日2503です。ご本尊は十一面観世音菩薩様です。DSC_1337.JPG
山門にはなかなかユニークは目をした像が出迎えてくれました。やはり階段を登っていくと
DSC_1343.JPG DSC_1345.JPG
清々しい空気につつまれた建物を拝見することがきます。
DSC_1346.JPG
■ご縁起
 創立年代は不詳、長い間、寺運衰微のところ承応2年(1653)僧良快の中興に依って寺運を挽回するを得た。
観音堂に安置する十一面観世音菩薩の木像(一尺三寸の白色座像)は聖徳太子の御作と伝えられている。上杉謙信・景勝公、当国を領せし折、その家臣本庄重長此の郷の守となりてあつくこの尊像を信仰したが、その後新津城主丹波守勝資、以降代々城主が帰依渇仰した。観音堂の在る地を光明山、また五明山と名づけ祈願所となっている。

第31番札所は正円寺です。所在地は五泉市村松甲6335です。ご本尊は聖観世音菩薩様です。
DSC_1349.JPG

こちらでは誰にもお会いすることなく、静かにお参りしてきました。
DSC_1351.JPG
どこかと違って、締め切ることもなく、気持ちよく全開でした。
DSC_1352.JPG
■ご縁起
 当寺は延暦15年(796)伝教大師が開基とし、応徳元年(1084)天台宗より真言宗に改宗し、善慶上人を開山とする寺である。正保元年(1644)堀家が村松へ移封になると、当寺を祈祷所と定め、元禄5年領主堀左京亮直利公が現在の観音堂を寄進された。拝殿は明治維新前に大破したので取りこわされた。観音堂はかつての奥の院で内部は、極彩色の花鳥の彫刻で、元禄の面影をのこしている。此のお堂も破損甚しく、昭和59年9月土台の改造、屋根の改修を行い面目を一新した。観音堂は、山門を入った参道左手奥の方に位置している。
続きを読む
posted by ニレイ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年12月は慌しさに紛れブログの更新ができませんでした。今年も月一の更新を目標に頑張っていきたいと思います。さて昨年は越後33観音巡礼を行い、無事全てをお参りすることができたのですが、ご報告できなかったので新年最初にありがたいお寺の写真をたくさんアップしていきます。

第28番札所は白蓮寺です。所在地は新発田市五十公野1856です。ご本尊は十一面観世音菩薩様です。
DSC_1309.JPG
こちらのお寺は猫が外に出るとのことで、締め切ったままでした。残念!
DSC_1310.JPG
■ご縁起
 人皇51代平城天皇の御代、大同2年、慈覚大師が仏教弘道の使命を帯びて聖徳太子御作の十一面観世音菩薩の尊像を捧持して当国へ御来錫された。その時大師は奇巌怪石重畳たる岩井戸山に登り、恭しく尊像を奉安して護摩迦行をされ観音夢想に依り当地を開闢された。或る夜白衣の乙女が白蓮を慈覚大師に授け、消えるが如く飛び去ったので大師は岩井戸山を観音霊地と定め、四十間四方の浄地を境内となし、大悲十一面観世音菩薩の尊像を安置して岩井山白蓮寺の草創としたのである。

第29番札所は宝積院です。所在地は北蒲原郡聖籠町諏訪山578です。ご本尊は十一面観世音菩薩様です。
DSC_1312.JPG
こちらの駐車場から大きな衝撃音が聞こえびっくりして見に行くと、奥様と思しき方が車庫のポールと接触されたしまったようでした。もろもろ軽症でありますように。お寺は階段が多く足腰が丈夫でないとお参りできません。
DSC_1316.JPG

DSC_1317.JPG
■ご縁起
 天智天皇の頃、百合若大臣と言われる武勇に勝れた壮士がいた。この壮士は当山の洞より名鷹を得て、緑丸と名付けて可愛がり、鷹も忠を尽した。聖武天皇の天平9年、泰澄大徳が当地に来て、緑丸の追善供養の為、十一面観世音菩薩と仁王尊を彫刻した。平城天皇の大同元年、何処からともなく異人が来て堂舎を建て、この聖者が籠ったことから、聖籠山と名付けられた。慶長13年、新発田藩主溝口秀勝公は観世音菩薩への信仰が篤く、観音堂ならびに仁王門を再建し、永く国家鎮護、心願成就の道場とした。
続きを読む
posted by ニレイ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記