2022年08月15日

越後三十三観音巡礼その5 前編

7月10日に5回目となる巡礼に出かけてきました。この日も晴天に恵まれ清々しい気持ちで巡拝せさていただきました。この日は小千谷市片貝町にある第十四番札所の真福寺を最初にお参りさせていただきました。
DSC_1177.JPG
ご本尊は正観音菩薩様です。
DSC_1178.JPG


DSC_1179.JPG
■ご縁起
 当山は大同元年の草創なり。その頃この村に一人の信仰深き優婆塞あり。或夜夢に龍神あらわれ告げて曰く「池水の辺に一寸八分の黄金の観音像まします。汝に授くべし」と。夢よりさめ、池水の辺を探しみるに黄金の観音像光明赫々たり。彼狂喜して傍の薫木を用い一尺八寸の像を刻し件の像を胎内佛として拝み続けり。星移って延宝元年火災にかゝり堂全焼す。不思議と胎内仏のみ灰上に立ち給う。住職其の胎内仏を供じて京に登り、三宝院御門主にこの不思議を奏す。宮にも感得し給い、一刀を転じて一尺八寸の正観世音を刻し住職俊永に与え給う。当山本尊はこれなり。

第十五番札所は長岡市柏町にある千蔵院です。今迄の札所と違い長岡の街中にあり、その佇まいも大変立派なものでした。
DSC_1183.JPG


DSC_1184.JPG

ご本尊は千手観世音菩薩様です
DSC_1187.JPG
■ご縁起
 本尊千手観世音は、天平勝宝年間行基菩薩御作一寸八分の黄金仏で、文治2年京都より下り、源氏後に村上家武将代々の兜仏ぼとけとして信仰されたが、種々の奇瑞あってこの地に安置されるようになった。以来この地は千手村・千手町と呼ばれ、門前町として発展した。江戸時代、長岡藩主牧野公の祈願寺として、又広く庶民信仰の寺として栄えたが、この観世音を深く信仰した草間俊重が、京都の仏師鶴屋四郎御作の千手観音木像の腹中深く本尊黄金仏を秘蔵した。本尊は、明治戊辰戦争・昭和20年8月1日長岡空襲にも奇跡的に安泰であった。総檜造の観音堂は、昭和57年に建立された。


posted by ニレイ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189751989

この記事へのトラックバック