2015年07月24日

只今、原稿執筆中

只今.jpg
臨床歯科が終わってから、ずっとパソコンとにらめっこが続いています。現在は1次固定・2次固定について書いているのですが、某ブログを拝見すると、まさに2次固定の話題が綴られていました。便乗して私も1次固定か2次固定か患者と戦った?症例の写真を提示します。この末路はQDT10月号で、興味のある方はみてください。
syosinn2 .jpg

syosiinn3.jpg
1次固定は恐ろしい!

posted by ニレイ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月17日

2015もくあみ会事後抄録完成

2年続けて、犬歯をテーマに多くの症例を集めた「もくあみ会事後抄録集」が完成しました。臨床歯科を語る会でも販売されていましたが、まだお手元に届いていない方は、三上編集長の力作、是非一度読んでみてください。ちなみに私も書かせていただいています。欠損の有無にかかわらず犬歯の重要性にあらためて気づかされるのではないでしょうか?
もくあみ会事後抄録表紙.jpg
興味を持たれた方はこちらから http://ka367.cart.fc2.com
posted by ニレイ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月06日

臨床歯科に参加しました。

先週末、臨床歯科を語る会に参加してきました。今年は分科会「欠損歯列難症例への取り組み方」の高野先生のコメンテーターとして発表してきました。その中で、咬合挙上が大きな論点となりました。日頃、全顎的な治療においては極力咬合挙上をしないように心がけてきました。しかし今回の分科会では、いろいろな意見を聞くことが出来たので、改めていろいろな角度から検証する必要があると感じました。補綴設計などを決定するおおきな決め手の一つとなるプロヴィジョナルも短期間では、その変化を読み取れないこともあるように感じる症例も経験しましたので、垂直高径や咬合力といった個体差の大きいものにどう取り組むか、すこし時間をかけて考えてみたいと感じています。これは高野症例で使った、既存の顎位を保持する根拠として提示したスライドです。
咬合力の強い症例 のコピー 2.010.jpg
いつも文献の意味などを私に指導してくださる、依田先生のご助言も合わせて解説として添付します。
今年の臨床歯科はなんといっても火曜会の3巨頭が圧巻でした。須貝先生の人間味あふれる臨床と生き方、松井先生のMTM、千葉先生の全体会、どれをとってもすばらしく、少しでも近づきたいと感じるものばかりでした。
ちなみに、スポーツの部屋、凄かったですね!ちなみに私も先月子供と妻とお揃いのTシャツでうらスポマラソンというイベントに参加してきました。5km歩いてきただけですが、沿道の方に応援されると、つい走っちゃいましたね〜。今度スローなまったりとしたスポーツ関係があったら発表を検討したいかな?
20150625131113.jpg

posted by ニレイ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月08日

久しぶりの温泉

上山城.jpg
昨年から今年の4月までは、末の娘の受験や次女の大学院入学・引っ越しが重なり比較的慌ただしい日々を送ってきました。それぞれの生活も多少落ち着きを取り戻してきたこの時期に、リフレッシュのため温泉に行ってきました。北陸新幹線の開業もあり金沢地方は混雑が予想されたため、山形のかみのやま温泉に行ってきました。写真は上山城です。
上山ワイド.jpg

上山城からの景色はご覧のとおりで、高層建築などはほとんどなく、なんだか親しみの持てる景観が広がっていました。
斎藤茂吉記念館.jpg

温泉を堪能したのち、斎藤茂吉記念館へ行ってきました。斎藤茂吉の次男、北杜夫の書いた「楡家の人々」の主人公の名前が「きいちろう」ということもあり昔から親近感を覚えていたため、是非訪れてみたかった場所です。3代にわたる精神科医師の家族の詳細がよく理解出来ました。文学や芸術はある程度の経済的裏打ちがなければ、難しいのだと妙に納得してしまいました。

こんにゃく番所.jpg
食べ過ぎで疲れた胃をいたわる意味もあって、昼食にこんにゃく尽くしのお店に行ってフルコースを堪能してきました。こんにゃくと箍をくくっていましたが、なかなかバラエティーに富んでいてボリュームもあり楽しめました。あまり胃は休まりませんでした。
こんにゃく寿司.jpg
posted by ニレイ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月12日

お受験ツアー

東京ドーム.jpg
柿崎病院の地域講演会のあと、すぐに東京に向かいました。日頃田舎に住んでいるため、東京は不慣れな末の娘の付き添いです。受験のせいか最近はあまり出かけることもなかったので、妻と3人で出かけました。受験会場の近くの東京ドームホテルの到着後受験会場に下見に行き、東京にいる上の娘2人と合流し食事会をかねて壮行会を行いました。
水族館.jpg
翌日、末の娘を受験に送り出した後、夕方4時までの空き時間にスカイツリーにいくことにしました。スカイツリーは以前ほどの混雑もなくスムーズに入場できました。あいにくの曇り空で富士山を見ることができずに残念でした。その後、すみだ水族館によりクラゲやペンギン、下のような気持ちの悪い、ちんアナゴで、妙に盛り上がってしまいました。午後4時になり受験をおえた末の娘と合流し上越に帰ってきました。娘の顔色が悪かったのは、上越の寒さのせいばかりではなかったようです。
水族館2.jpg
posted by ニレイ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

柿崎病院地域講演会で講師をしてきました。

kakizaki 案内.jpg
2.7に地元の県立病院の地域講演会で「感染予防とお口のお手入れ」という演題で100名ほどの地域住民の方と一部職員の方を対象に1時間ほどお話をしてきました。日頃のケースプレと違い、お話を聞いてくださる方の大半が高齢者ということもあり、より易しい表現を心がけたつもりでしたが、なかなか難しいところもありました。
柿崎病院講演会.jpg
内容は、虫歯も歯周病も感染症であること、またこれらの原因となる細菌が誤嚥性肺炎をはじめ血管系の疾患や慢性炎症など全身に与える影響についてお話ししてきました。「磨いている」ことと「磨けている」ことの違いと実際のお手入れ、歯ブラシの方法について簡単に解説しました。講演後、この地域講演会に皆勤賞の方が表彰され、多くの方が熱心に参加されていることに驚きました。
感謝状 .jpg

恥ずかしながら、感謝状などもいただきました。また機会があればこういう歯科関係の啓蒙活動にも、参加しなくてはと感じました。ちなみにこのあと、末の娘の大学受験に同行して東京に向かいました。なかなかハードな週末でした。
posted by ニレイ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月06日

あけましておめでとうございます

あけまして.jpg
今年もよろしくおねがいします。写真は昨年の12月、まだ暖冬といわれた頃に撮影したものです。新潟らしい重く鉛色の雲の隙間から、陽がさしこむ様は何か良いことがあるのではと思わせてくれました。新年はその想いに反していくつかの訃報からはじまりましたが、これも厄落としと良いほうに考えて今年も臨床やゴルフ、競馬に精進していきたいと考えています。
雪.jpg
新潟としては雪の少ない当方ですが、やはり多少は降っています。この程度では、新井の方におこられそうです。新年に新潟市のほうに所用で出かけましたが、長岡周辺は凄い吹雪でホワイトアウト状態、高速では行きに2台、帰りに2台事故を目撃しました。新潟にいらっしゃる方は各地域で状況が異なりますのでご注意下さい。
posted by ニレイ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月24日

今年の一症例

今年もあと残すところ僅かとなりました。新潟では雪との闘いが日々厳しさを増しています。あまり外に出る機会がなくなりパソコンの前にいる時間が長くなってきましたので、久しぶりにブログを更新します。
まず、臨床的に今年一番印象に残った症例を提示しようと思います。臨床歯科のプロヴィジョナルの全体会で発表させていただいた、その後です。
楡井009.jpg
患者は58歳の女性で上顎前歯の腫脹と疼痛を主訴に来院されました。歯式はKA367に示すとおりで、上下に残存歯が偏在し、右上犬歯は歯根破折していました。大臼歯咬合支持はなく犬歯は3/4、咬合の低下や顎位の偏位も疑われました。舌側傾斜し咬合接触のない左下4を上顎左側3に移植し、抜歯した左上3の破折部を除いた歯根を左上5にさらに移植しました。プロヴィジョナルの観察から義歯の安定が図れず、右上5部にインプラントを植立し残存歯およびインプラントを左右対称かつ矩形的に配置しました。
楡井006.jpg
上顎3前歯はテレスコープ、左右の5相当部には磁性維持装置としました。注目しているのはだめ元で移植した左上5部です。移植した直後と比べると明らかに歯槽骨及び歯周組織が改善されています。歯根膜が歯槽骨を作ることは知っていましたが、実際に臨床の現場で確認すると、歯根膜の偉大さが実感出来ます。反対側のインプラントと比較するとその違いがはっきりと確認出来ます。
楡井008.jpg

プロヴィジョナルを改変調整していくことで、患者の装着感や義歯機能を損なわない補綴設計が見えて来ると感じています。臨床歯科ではプロヴィジョナルの大切さを上手く伝えることは出来ませんでしたが、歯根膜の重要性を再確認することができたのではないかと考えています。そういう意味でも私自身には非常に興味深い症例でした。
posted by ニレイ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月05日

高知旅行

この連休に大学時代の友人と高知に行ってきました。はりまや橋から高知城、桂浜、竹林寺とまわり最後は路面電車にのり龍馬の生家などの記念館を見学してきました。天候にも恵まれ楽しい旅でした。
はりまや橋.jpg

高知城.jpg

龍馬と桂浜.jpg

竹林寺.jpg

路面電車.jpg
50を越えたメンバーでしたので体型や髪の変化に驚かせられましたが、相変わらず皆元気で羽田からずーっと宴会続きの旅でした。高知といえば鰹のたたきということで前夜祭の居酒屋から昼食、割烹まで食べ続けてきました。塩たたきがおすすめとのことで、これを食しましたがなかなか美味しかったです。
前夜祭.jpg

鰹たたき2.jpg

鰹たたき.jpg

おかげさまで精神的にはリフレッシュ出来ましたが、肉体的には疲労が抜けにくく、もう若くないことを実感しました。高知羽田が一時間、羽田から自宅まで4時間、距離では自宅までのほうが近いのに・・・
posted by ニレイ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月14日

秋の散歩


健康維持のために妻と一緒にはじめた散歩ですが、秋も継続しています。先日は新潟県と長野県の県境にある苗名の滝にいってきました。落差55mの滝で、写真からその迫力は伝わらないかもしれませんが、なかなか壮大な景観でした。

苗名の滝.jpg
近くにはいもり池もあり、秋の散歩にはうってつけの場所ですので、散歩フリークの方は出かけてみてください。道中の田んぼもなかなかの景観です。ちなみに熊の出没情報もあるようですので要注意かもしれません。
田んぼ.jpg

今回は熊には遭遇しませんでしたが、猿とリスに遭遇しました。リスは残念ながらファインダーに納めることは出来ませんでしたが、猿はかろうじて撮影してきました。熊との遭遇はちょっと御免ですが、こんなハプニングも散歩の楽しみでもあります。興味のある方は一度訪れてみてください。

猿に遭遇.jpg
posted by ニレイ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記